GLTD制度(長期障害所得補償制度)

GLTD制度(長期障害所得補償制度)
病気やケガ等で入院や自宅療養を余儀なくされ、90日以上働けなくなった場合、復職するまでの間、所得の一部を補償する制度です。
保険料はWDBが全額負担します。退職した場合でも、収入の補償を受けながら治療に専念することができます。(最長25カ月間)
補償方法

下の図のように、働けない期間に公的補償ではまかなえない収入の不足分を、就業不能になる直前の月収を基準に一定の割合で補償します。

【公的補償を受けられる場合】
【公的補償を受けられない場合】
補償期間
復職するまでの期間。
※傷病の場合:最長25カ月
※うつ病等の場合:最長24カ月
補償対象
長期的に就労不可能となる傷病(要診断書)。
ただし、既往歴や傷病の内容によって補償が受けられない場合があります。
適用資格
  • 1年以上の派遣契約が見込まれる方
  • 雇用保険・健康保険に加入されている方
  • 保険始期日現在の満年齢が60歳未満の方