働き方の選択肢

WDBには、派遣・紹介予定派遣・職業紹介の3つのサービスがあります。
派遣は、WDBを雇用元として派遣先で勤務する就業形態です。登録型派遣(有期雇用)、正社員型派遣(無期雇用)の2つの働き方があります。
職業紹介では、WDBが求人企業と求職者の間に立って、採用決定までをサポートします。雇用形態には正社員・契約社員があります。
紹介予定派遣は、職業紹介を前提に最長6ヵ月間の派遣期間終了後、本人と派遣先が同意すれば、派遣先に直接雇用される就業形態です。雇用形態には正社員・契約社員があります。
それぞれにメリットがありますので、皆さんの希望やライフスタイルに合った選択をしてください。自分にとっての最適な働き方や雇用形態を知ることは、お仕事探しの大切なスタートラインです。

登録型派遣

就業期間中はWDBと雇用契約を結び、派遣スタッフとして派遣先で業務を行います。雇用元となるWDBから各種サポートが受けられます。
メリット
  • 働く時期や期間を選べる
  • 勤務時間、勤務地、仕事内容を選べる
  • プライベートと両立させやすい

就業までの流れ

  • 1Web登録
  • 2本登録
  • 3適性
    保証試験
  • 4お仕事提案
  • 5職場見学
  • 6入社手続き
  • 7就業開始

正社員型派遣

WDBの正社員として、派遣先で業務を行います。立場は正社員ですが、仕事をする場所が雇用元と異なるため「正社員型派遣」と呼ばれています。
登録型派遣と同様、雇用元となるWDBから各種サポートが受けられます。
メリット
  • 登録型派遣に比べて、給与が高い傾向にある
  • 派遣契約が終了してもWDBとの雇用関係が継続し、給与が支給される
  • 全国転勤や勤務地域限定等、配属先エリアを選択することもできる

就業までの流れ

  • 1Web登録
  • 2WDBによる
    面接
  • 3適性
    保証試験
  • 4配属先
    (派遣先)提示
  • 5職場見学
  • 6入社手続き
  • 7就業開始

紹介予定派遣

派遣先で直接雇用されることを前提に、一定期間(最長6ヵ月間)派遣スタッフとして業務を行います。派遣期間終了後、派遣スタッフと派遣先の双方が合意した場合、派遣先に直接雇用されることになります。
メリット
  • 入社する前に職場の雰囲気や社風、具体的な仕事内容や求められるレベルがわかる
  • 双方納得した上での採用/就業のため、定着率が高い

就業および直接雇用までの流れ

  • 1Web登録
  • 2本登録
  • 3適性
    保証試験
  • 4お仕事提案
  • 5面接・選考
  • 6入社手続き
  • 7就業開始
  • 8直接雇用

正社員/契約社員

紹介先で正社員または契約社員として業務を行います。履歴書チェックや面接対策等、WDBのサポートが受けられます。
メリット
  • 長期的かつ安定した雇用が期待できる
  • 給与や福利厚生の満足度が高い
  • スキルアップ、キャリアアップが期待できる

就業までの流れ

  • 1Web登録
  • 2本登録
  • 3適性
    保証試験
  • 4お仕事提案
  • 5面接・選考
  • 6入社手続き
  • 7就業開始