個人情報の取扱いについて - 研究職のWDB(doconico) 個人情報の取扱いについて – 研究職のWDB(doconico)

個人情報の取扱いについて

2015年8月4日 改定
2019年5月7日 改定
WDB株式会社
個人情報保護管理責任者

第1条(目的)
この規約(以下「本規約」という。)は、WDB株式会社(以下「当社」という。)が保有する個人情報の取り扱いに関し、個人情報を保護及び管理するための施策の基本となる事項、並びに当社が遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の適正かつ効果的な活用を実現しつつ、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」という。)を利用する者(以下「利用者」という。)の権利利益を保護することを目的とします。
第2条(定義)
  1. 本規約において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、利用者が本サービスの利用等によって提供又は申告した、氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、その他記述等により特定の個人を識別できるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合であっても、他の情報と容易に照合することができ、それにより当該個人を識別できることとなるものも含まれます。
  2. 利用者が本サービスの利用等によって提供又は申告した、個人番号(以下「マイナンバー」という。)や免許証番号、保険者証等の記号、番号及び保険者番号等の個人に割り当てられた公的な番号、文字、記号等である「個人識別符号」は、前項の「個人情報」に含まれるものとします。
  3. 本規約において「特定個人情報」とは、マイナンバーをその内容に含む個人情報をいいます。
  4. 本規約において「匿名加工情報」とは、法令の定めによる措置を講じて特定の個人を識別することができないように個人情報を加工して得られる個人に関する情報であって、当該個人情報を復元することができないようにしたものをいいます。
  5. 本規約において「ご本人」とは、個人情報により識別される特定の個人をいいます。
第3条(利用の目的、制限、通知等)
  1. 当社は、個人情報を、「個人情報保護法に基づく公表事項」に記載する「利用目的」の範囲内で利用するものとします。利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、ご本人に通知し、又は公表するものとします。
  2. 当社は、個人情報を、法令及び本規約に定めがある場合を除き、ご本人の事前の同意なくしては第三者への開示、提供は行わないものとします。
第4条(取得)
  1. 当社は、前条第1項に基づいた明確な利用目的の下、当該目的達成のために必要な範囲内においてのみ個人情報を取得するものとします。個人情報の取得は、偽りその他不正な手段によらない適正な方法によって行うものとします。
  2. 本サービスにおける個人情報の提供はあくまでも利用者の任意とします。ただし、必要となる情報の全部若しくは一部が不足している場合、又は情報に誤りがある場合は、利用者は本サービスを利用できないことがあります。
第5条(安全管理措置)
当社は、その管理下にある個人情報について継続的な安全対策を実施し、漏えい、紛失、破壊、改ざん、不正アクセス等の防止のために必要かつ適切な措置を講じるものとします。
第6条(外部委託)
当社は、当社が定める個人情報保護の水準を満たした体制を備えている委託先に、個人情報取扱い業務の全部又は一部を委託することがあります。委託先における個人情報の安全管理については、当社が必要かつ適切な監督を行うものとします。
第7条(第三者への提供)

当社は、個人情報について、ご本人の事前の同意なくして、第三者への開示、提供は行いません。ただし、次の各号に掲げる場合は、あらかじめご本人の同意を得ないで個人情報を提供することがあります。

一 法令に基づく場合(労働者派遣法に基づく相手先への通知等)

二 人の生命、身体または財産保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき

三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき

四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき

五 利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って個人情報が提供される場合

六 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

第8条(開示、訂正、利用停止等の請求)
  1. 当社に対し、個人情報の開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止又は消去、利用目的の通知、及び第三者への提供の停止(以下「開示等」という。)の請求を行う場合は、「個人情報保護法に基づく公表事項」に記載する「3. 開示等の求めに応じる手続きに関する事項(法第32条)」に従ってお申し出ください。当社は、ご本人又はその代理人からの要請であることを確認の上、遅滞なく対処します。
  2. 当社は、前項の規定により請求された開示等の措置の全部又は一部についてその措置をとらない、又は異なる措置を行う場合は、ご本人に対し、その理由を説明するよう努めます。
  3. 当社は、第1項の規定により請求された開示等の措置を行うことにより次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部についてその措置をとらないことができるものとします。

    一 ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

    二 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

    三 法令に違反することとなる場合

第9条(特定個人情報の取扱い)

当社は、第3条及び第7条に記載する内容にかかわらず、マイナンバー及び特定個人情報の取扱いについては、次の各号に定めるところに従います。

一 「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下「マイナンバー法」という。)」に規定される事務に必要不可欠な範囲内のみで取得、利用すること
「個人情報保護法に基づく公表事項(1. 個人情報の利用目的に関する事項)」

二 マイナンバー法に規定される事務に不要となった場合は速やかに廃棄すること

三 マイナンバーを含む書類は、当該書類の法定保存期間経過後、速やかに廃棄すること

四 ご本人の同意の有無にかかわらず、マイナンバー法に規定される事務以外の目的によるマイナンバー及び特定個人情報の取得、利用、第三者提供は行わないこと

第10条(匿名加工情報の取扱い)
  1. 当社は、匿名加工情報について、作成に用いられた個人情報に係るご本人の同意を得なくても、何ら制限なく利用することができるものとします。
  2. 当社は、匿名加工情報を作成する場合は、次の各号の定めるところに従います。

    一 法令で定める基準に従い、適正に加工すること

    二 法令で定める基準に従い、削除した情報や加工の方法に関する情報の漏えいを防止するための安全管理措置を講じること

    三 作成した匿名加工情報に含まれる情報の項目を公表すること

    四 作成に用いられた個人情報に係るご本人を識別するために該当匿名加工情報を他の情報と照合しないこと

  3. 当社は、匿名加工情報を第三者に提供する場合には、提供しようとする匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目と提供の方法を公表するとともに、提供先となる第三者に対して、提供する情報が匿名加工情報であることを明示します。
    「個人情報保護法に基づく公表事項(4. 匿名加工情報に関する事項(法第36条))」
第11条(苦情等)
当社は、「個人情報相談窓口」を設置し、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談への、適切かつ迅速な対応に努めます。
【個人情報相談窓口】
WDB株式会社 個人情報保護管理責任者 代理 個人情報保護窓口担当
TEL:0120-16-9211 mail:pmark@wdb.com